SAPPY GOOSE

¥60,000

オオクボリュウによる初のガラス作品。

オオクボリュウが描いた線画のスケッチをもとに、ガラス職人が一つひとつ手作業で立体化。

中空の竿の先に熱したガラスをつけ、息を吹き込んでふくらませながら成形する「宙吹き」という手法で形作られた作品は、色の入り具合や細工の形など、一体ごとに異なる表情も特長のひとつ。

トリをモチーフにした「SAPPY GOOSE」は伸びやかな曲線とユーモラスな表情が楽しい、時が経っても色褪せない普遍的な魅力を称えたオブジェ。


Size

幅120×高さ280×奥行き200(mm)

※正面に向いた際の表記です。 


Material

ガラス  


Origin

日本 (45工房:北海道江別市)  


Packaging

木箱入り  


Caution

  • 手作りのため、色・柄・形・重さなどに個体差がございます。
  • 宙吹きによる製造工程上、吹き口の跡がございます。
  • 硝子の表面にシワやキズの様な線が付いていたり、硝子内部に気泡や黒点(鉄紛)など入っている場合がございますが、手作りの風合いとしてお楽しみいただきますようお願いいたします。


Shipping

  • 2021年1月初旬予定
    ※職人が1つひとつ手作業で作るため、受注状況により変動いたします。
    お届け日程の目処に関しては上記状況を確認後、当店よりお客様にご案内いたします。
  • 送料
    全国一律:2,050円(一部地域を除く)
    沖縄:3,040円
※ご注文内容により送料が異なります。

 


About Ryu Okubo | オオクボリュウ

イラストレーションとアニメーションを主な表現とし、 ミュージックビデオ、雑誌や広告、アパレル、内装などを手がける。 シンプルな線画をはじめ、エアブラシや水彩、デジタル等、その時々のテーマや興味によって表現方法が変遷する。
個展『Like A Broken iPhone | アイフォン割れた』(2016年、CALM & PUNK GALLERY)、 宮澤謙一(magma)との二人展『GRANDMOTHER』(2016年、TOKYO CULTUART by BEAMS)などで作品を発表。
2019年にKAKATO(鎮座Dopeness・環Roy)と共に絵本『まいにちたのしい』(ブロンズ新社)を出版。

Product Added to Cart